> > > 見られる情報はどんなもの?融資審査のチェックポイントについて

見られる情報はどんなもの?融資審査のチェックポイントについて

融資審査で見られる点はかなり多い上に、その基準が公表されていないので分かりにくいですね。もしも基準が分かってしまうと対策を取られてしまうので、公平な審査のためと思えば仕方ないでしょう。

ただ、申し込みの際に記入する情報や実際に審査を受けた人の口コミなど、『融資審査で見られているポイント』を絞り混む情報も、豊富に見聞きできるようになりました。

その絞り込みではっきりした、『融資審査に関わる要素』のみをお伝えしていきます。

見られる点は5つ!金融業者が重要視するポイント一覧

融資審査で見られる主な点を、最初にまとめておきます。

  • 職業
  • 年収
  • 勤続年数
  • 利用実績
  • 年齢

これらは全ての金融業者が見ていますが、どんな会社も同じように判断しているとは限りません。

金融業者ごとに審査基準が違うとされるように、見られている点の優先順位も異なります。たとえばA社は年収を最優先にしているのに対し、B社は職業を優先しているなど、審査結果に差異が生じるのも珍しくありません。

全ての条件が優れていれば安心ですが、部分的に良い点と悪い点に差があれば、申し込み先によって相性が生じます。ゆえに、1社に落ちても他に挑戦する意味はあるので、どうしてもカードローンが欲しいなら諦める必要はありません。

安定が1番!融資審査で有利な職業の秘密とは?

最初に『職業』についてですが、どんな仕事なら審査に通りやすいのかご存じですか?

ついつい「年収が多い仕事が有利に決まってる!」と答えそうですが、実はそれ以上に『安定した職業』が重要視され、特に大口の融資になればかなりの影響があります。

金融業者が高く評価する職業は、以下が該当します。

  • 公務員
  • 大手企業の正社員
  • 士業(弁護士や会計士など)

こうした職業は収入も比較的多めですが、『急に失職する可能性が低い』のが最大のポイントで、特に公務員はリストラの心配もありませんね。

年収が多い仕事ももちろん好ましいですが、雇用が安定していないと思いのほか評価も上がらないので、『長く勤められるかどうか』をもっと意識しましょう。

不安定なら難しい?借りにくい職業の共通点とは

安定した仕事が有利ならば、『不安定な職業』だとどうなるでしょうか?

答えは決まっており、不安定な雇用だと融資審査には通りにくく、特に以下のような職業は注意が必要です。

  • アルバイト・パート
  • 派遣社員・契約社員
  • 水商売
  • 個人事業主
  • 規模が小さめの法人

アルバイトやパートはともかく、「事業者とか社長って通りやすいのでは?」と思う人は多いでしょう。もちろん大規模な会社の役員などなら話は別ですが、中小以下の規模だと利益が安定しにくいため、会社員よりも評価は下がるのです。

ただ、不安定な職業でも収入があれば通る可能性があり、特に小口融資なら大抵の業者が対応しています。

カードローンで限度額を大きくしない限り、非正規雇用者でも所有は難しくないでしょう。

年収で限界値も変わる?多いほど借りやすい融資の仕組み

職業に並ぶほど重要なのが『年収』の数値で、こちらは職業と違って「収入が多いか少ないか」の2択となり、当然多いほうが有利です。

年収が多ければ多いほど通りやすくなるのですが、それよりも『総量規制』による制限が緩くなるのがポイントでしょう。

・総量規制の仕組みについて
消費者金融と信販会社のカードローンに適用される制限で、『限度額は最大でも年収の3分の1まで』とする決まりです。銀行はこの規制がありませんが、年収が不要というわけでもありません。

もしも年収が900万円ほどあれば300万円まで借りられますが、年収が300万円だと100万円までになります。審査への通りやすさもさることながら、こうした限界値も事前に把握しましょう。

ただし、年収が多いだけでは有利ともいえないのが、融資審査ならではの難しさです。

安定性が一番大事!?年収で変わる評価の事実

年収が多いほど毎月の返済にも余裕がありそうですが、金融業者は『いかに遅れずに完済まで支払えるか』を重視しており、そう考えると『年収では安定性こそが最も大切』だといえます。

たとえば、二つのケースを比較してみましょう。

  • 年収700万円で常に安定している
  • 年収が100万から1000万円の間で変動している

こうした収入形態で比べると、有利なのは『700万円で安定している人』なのですね。年収だと金額ばかりが注目されますが、長期に渡って安定している人なら金融業者も予定通りの回収をしやすいでしょう。

なお、これは職業の優劣と酷似しており、『給与が変動しない公務員』と『変動が激しい事業主』の比較でも同じです。年収は職業による影響が大きいので、これは当然かもしれませんね。

この点からも分かるように、年収の金額に自信がない人でも仕事が安定していれば補えるため、実は職業のほうが融資審査では大切なのです。

継続は力なり!?勤続年数が与える融資審査への影響

年収に続いて『勤続年数』も基準として分かりやすく、長ければ長いほど審査に通りやすくなります。

極端な例として、『正社員として雇用されたばかりの人』よりも、『アルバイトとして数年間の勤務実績がある人』のほうが有利になることもあります。

また、勤続年数は『一つの会社に長く勤める』だけで有利になるため、他の要素と違って向上させやすいのがポイントです。限度額が豊富なカードローンを作るなら、勤続年数もしっかりと積み重ねましょう。

自営業の場合の営業年数も同等に扱われますが、自己申告だけでははっきりと分かりにくいこと、そしてもともとが会社員に比べて不利なこともあって、長く営業していても影響は控えめです。

なお、一般的な目安として『1年』ほど勤務していれば最低限の信頼はあるとされ、そこから年数が増えるほど有利になります。石の上にも3年なんて言葉がありますが、融資審査でもそれは当てはまるでしょう。

短くても大丈夫!?勤続年数に例外はあるのか?

一般企業ならリストラの心配はつきものですし、特に勤続年数が短い人から切られる傾向があるため、融資審査でも不利になるのは仕方ないですね。

ただし、勤続年数にも多少の例外があり、短くても審査に通るだけなら問題ない場合があります。

  • 公務員
  • 大手企業の役員
  • 医師

こうした職業なら失職の可能性は低く、勤続年数が短くても他の要素で十分補えるため、カードローンなら簡単に作れるでしょう。

ただ、限度額を大きめにしたり、住宅ローンなどの厳しい審査だったりすれば、やはり勤務実績も欲しいところです。長く勤めていればいるほど審査では有利になりますので、急ぎでない場合は待つことも大切でしょう。

利用こそが審査通過の鍵?融資の実績を積み重ねよう!

たとえば収入と仕事の双方が安定していたとしても、金遣いが荒かったり返済日の管理が適当だったりすれば、返済に遅れるのは容易に想像できますね。

したがって、『今までの融資の利用で実績を積み重ねている』という事実ほど返済能力を示す要素もありませんよね?

  • 融資の利用頻度が多い
  • 返済には1日も遅れない
  • 完済した回数が多い

なお、こうした実績はカードローンだけの話ではなく、分割ローンなどでも蓄積されていきます。大きな買い物をする際にローンを組むといった利用も関わるため、返済は真面目に行いましょう。

カードローンの利用を続けると限度額を増やすための『増額』でも有利になるので、必要に応じて積極的に融資を使っていると、将来に役立つのです。

悪い情報も残る!?実績を重ねる前に意識すべきこと

実績が優れていると融資審査で大変有利ですが、完済したという記録だけじゃなく、『延滞』したという情報も残るのは意識しておきましょう。

延滞などは『金融事故記録』とも呼ばれますが、この情報があれば融資審査には極めて通りにくくなるため、下記のような行為は避けてください。

  • 長期間の延滞(およそ2ヶ月が目安)
  • 任意整理や自己破産を行う
  • 審査落ちを何度も繰り返す

軽度の事故情報なら融資審査に通る可能性は残りますが、重度の情報なら審査に落ちる上、記録が数年間に渡って残されます。最長で10年ほどカードローンも作れないため、人生設計にも大きな影響があるでしょう。

仮に審査に通れたとしても、金利や限度額が伸び悩むため、有利な条件では借りられません。無理して実績を積もうとはせず、チャンスがあれば重ねていく…そういった認識を持ちましょう。

若いだけじゃダメ?融資を受けやすい年齢を把握しよう!

融資に申し込む際、『年齢』の記入は絶対に欠かせません。そしてこの数値も審査に関わるのですが、「やっぱり若いほど有利になるの?」と思っていませんか?

意外かもしれませんが、融資審査では『30代から40代』が一番通りやすく、いかにしてその年代の内に借りるか?も意識したいところです。

なぜこの年代が有利なのかは、分析してみると納得の結果が出ます。

  • 仕事が安定しやすい
  • 収入も十分確保できている
  • 健康面でも問題ない人が多い

まとめると、『働き盛り』こそが最も借りやすいのです。この年代はカードローンが作りやすいだけでなく、住宅ローンといった人生の大部分を占める融資も受ける人が多いので、新卒のころは敢えて作らないというのも手でしょう。

ただ、カードローンはあとから利用限度額が増やせるので、若いうちに作って実績を積み、そして働き盛りに突入して増額する…こうした考え方もあります。

若年者と高齢者は厳しい?借りにくい年代の立ち回り方とは

働き盛りが有利ということは、それ以外…『若年者』と『高齢者』の場合、不利になりやすいという事実を理解しましょう。

☆若年者が不利な理由
・仕事を始めたばかりで立場が不安定
・離職率が高い
・未成年だと収入があっても貸せない
☆高齢者が不利な理由
・退職が近いほど失職が早い
・健康面が不安で突然の死去もあり得る
・一定以上の年齢だと貸せない

若年者や高齢者でも貸せないとは断定されませんが、『未成年』や『65歳以上の高齢者』の場合、そもそもカードローンの年齢制限に引っかかるでしょう。

特に未成年には法律面の問題でも融資が難しく、18歳で就職してもあと2年は待たないといけません。高齢者は一部の融資が対応しているものの、選択肢は少なく金額も小さめでしょう。

審査基準が厳しくても融資が受けられる裏技とは

今回紹介したポイント全てが問題ない場合、カードローンはとても簡単に作れます。ただ、全て満たすには項目が多すぎるのも事実で、「正直いって自信がないけど、融資が必要だから申し込まないと…」という人も多いでしょう。

その場合、『希望限度額を小さめにする』ことで、かなり通過しやすくなります。

カードローンは最大限度額までの間で好きな金額を指定できますが、希望額が小さいほど審査が簡単になるので、小口融資ならほとんどの人が受けられるでしょう。

小さくといっても必要な金額に届かないと借りる意味が半減するので、『とりあえずこれだけは絶対に必要!』という額を指定しましょう。そうすれば、難易度の上昇は最小限にできますね。

それに加え、消費者金融のような通りやすい会社に申し込むとさらに期待できます。今回お教えした審査基準が厳しいと感じても、まずは申し込み先と金額を工夫しましょう。

新着記事
TOPICS