> > > 3つのポイントを押さえて安心な利用を!高利貸し利用時の注意点

3つのポイントを押さえて安心な利用を!高利貸し利用時の注意点

お金に困った時、比較的簡単な手続きですぐに貸してくれるのが高利貸しです。しかし、高利貸しは便利なだけではありません。

利用方法に注意しなければ、自分を苦しめてしまう事だってあるのです。高利貸しを利用するときにどのような悪い事態が起こり得るのか、またそうならない為にどうすれば良いのか気になりませんか?

高利貸しを利用する際には、注意しておきたい3つのポイントがあります。そのポイントを詳しくご紹介しましょう。

高利貸しはどういうところ?基本情報をチェックしよう

高利貸しとは、その名の通り高い金利でお金を貸す業務を営んでいる業者のことです。高利貸しをヤミ金だと勘違いしている人もいるかもしれませんが、それは違います。

高利貸しには、次のような業者が該当します。

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジットカード会社

比較的少額な個人向けの小口の融資を行っている業種は、基本的に高利であることが多くなっています。ですから、貸金業は高利貸しに分類されているわけです。

つまり、「高利貸し≒ヤミ金」という事ではなく、「高利貸し=貸金業」であると認識しておくと良いでしょう。

しかし、高利貸しにヤミ金が紛れていることがあるのも事実です。ヤミ金は、違法な高金利で貸し付けを行い、違法な行為で取り立てを行っています。

ヤミ金は貸金業登録を行っていない場合も多く、その存在そのものが違法なのです。貸金業は基本的に高利貸しに分類され、その中にはヤミ金も含まれるということになりますね。

最も高利な営業を行っている!?質屋の仕組みとは

実は、質屋も高利貸しに分類される業者の1つです。しかし、質屋は貸金業ではなく質屋営業法という法律に基づいている業種です。

質屋でお金を借りる仕組みは、次の通りです。

①宝飾品や有価証券などの質草を預ける
②質屋は質草の価値を判断し、相応の金銭を貸し付ける
③定められた期間内に元金と利息を合わせた金額を返済できれば、
質草を手元に戻すことが出来る
④期間内に元金と利息を合わせた金額が返済できなければ、質草の所有権が質屋に移る

つまり、預けたものの価値分の金銭を借入れ、利息もつけて返済することが出来れば預けたものを回収することが出来るということですね。

ただ、質屋の利息は貸金業の利息とは違い、法定の上限利息も異なっています。貸金業の法定金利は、10万円未満の貸付で年利20%までと決められていますよね。

一方、質屋の上限利息は月9%までという制限となっています。つまり、年利109.5%というかなり高めの設定となっているわけです。

ちなみに、質屋に預ける基本的な機関は3か月となっていますから、3か月分の利息を支払うと考えておきましょう。

もちろん、これは法定の上限利息ですから、質屋によってはこれよりも低い利息設定を行っているところも多くあります。

短期間で借入れしたお金を返済できるのであれば良いのですが、返済が長期になるなら消費者金融の方が負担は少なく済みますよ。

高利貸しを利用すると危険な目に合う事も!?その理由とは

お金に困っている状況に陥れば、高利貸しを利用する機会も出てくるでしょう。しかし、高利貸しを利用すると危険な目に合うこともあるのです。

なぜなら、高利貸しにヤミ金が紛れてしまっている為ですね。ヤミ金とは、本来貸金業を営む際に必要な貸金業登録を行っていない、もしくは、貸金業登録をしていても違法な金利で貸し付けを行っている業者のことです。

個人への貸付金利は利息制限法という法律で、貸付をした金額によってその上限が定められています。

10万円未満 10万円以上100万円未満 100万円以上
20.0% 18.0% 15.0%

これをオーバーした利息を設定することは、違法行為なのです。しかし、ヤミ金の怖い所はパッと見で違法金利を設定していることが分かりづらいという点にあります。

例えば、「2万円借入をして1週間で1万円の利息を支払う」という契約方法ですね。これだと、年利で何%の設定になっているのかパッと見で計算することが出来ません。

しかし、これを実際に計算してみると年利で2,000%を超える莫大な金利であることが分かります。

このような方法で、利用者を騙して高額な利息を支払わせるのがヤミ金なのです。一度利用してしまえば返済に追われることになり、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。

ですから、高利貸しを利用する際にはヤミ金ではないかどうか、しっかりと見極めなければいけないのです。

利用する際に注意すべき3つのポイントをご紹介

では、高利貸しを利用する際に注意しておきたいことを押さえておきましょう。

何よりも大切なのは、ヤミ金ではないこと、安心して利用できるということを確認するというものです。そのためのポイントが、次の3つですね。

  • 貸金業登録を行っているか
  • 法外な金利設定を行っていないか
  • 評判は悪くないか

それぞれのポイントについて具体的にご紹介します。

貸金業登録を確認するのは基本!登録番号をチェックしておこう

まずは、貸金業登録を行っているかどうかをチェックします。貸金業登録を行わずに営業していれば、いくらその契約内容が法律に即したものとなっていても違法業者であることに変わりはありません。

ですから、貸金業登録番号があるかどうか、金融庁のホームページにある貸金業登録者を検索する「登録貸金業者情報検索入力ページ」に登録があるかどうかを確認しておきましょう。

登録番号だけを見て安心してはいけません。勝手に他の貸金業の番号を使用している、デタラメな番号を記載している可能性もありますから、必ず登録貸金業者情報検索入力ページでの確認を行っておきたいですね。

登録番号、社名、代表者名等の情報を入力するだけで簡単にチェックできますので、登録内容と広告内容が合致しているかどうかしっかり見るようにしましょう。

金利が分かりにくい時は計算ツールを利用して確認しよう

年利で○%と表記していれば分かりやすいのですが、何日でいくら、という表現になっていれば実際の金利がいくらか計算しにくいですよね。

自分の計算が合っているのか自信がないという人もいるでしょう。そんなときは、借入金額と返済額から金利を算出する計算ツールを利用してみましょう。

このツールは、インターネットで検索すると簡単に探すことが出来ますし、操作方法も簡単で計算も一瞬です。

ここでの計算結果が、法定上限利息である20.0%を超えるようであれば違法金利という事になりますから利用しないように注意してくださいね。

火のない所に煙は立たぬ!?評判チェックの重要性とは

高利貸しを利用する前には、実際に利用した人の口コミをチェックして評判を確かめるのもオススメです。そこで悪い評判が多く掲載されているようであれば、何らかの問題がある業者である可能性があります。

もちろん、悪い意見がゼロという業者も無いわけですが、評判をチェックして自分が信用できるかどうかを判断することは大切です。担当者に恫喝された、取り立てが厳しかった、という口コミがあれば、利用を控えたくなりませんか?

違法金利や違法な取立てを行うなど、本当にしていないのであればそのような口コミが載ることは無いはずですからね。

色々な意見を読み、情報を集めて自分でココだ!という高利貸しを選びましょう。

お金を借りる事にリスクは付き物!だからこそ注意が必要

高利貸しを利用する、銀行借入れを利用する、どちらにしてもお金を借りるということには変わりありません。そして、どこから借りるかという事ではなく、お金を借りるという行為にはリスクがつきものだという事を理解しておきましょう。

お金を借りることのリスクとしては、次の点が挙げられます。

  • 個人信用情報への登録が行われる
  • 返済できなくなった際にブラックになってしまう
  • 返済負担が大きくなり生活が苦しくなる

借入れをすると、必ずその情報が個人信用情報へ登録されてしまいます。新規のローン申し込みやクレジットカードの申し込み時には必ず個人信用情報がチェックされますよね。

その時、借入れをしていることがバレてしまえば審査で不利になる事があります。銀行のローンなら審査に通らない可能性が高くなってしまいますね。

また、万が一返済できなくなってしまい延滞をする、債務整理をする状況になればブラックになってしまいます。

自己破産をしてしまうとある程度の資産を手放すことになってしまいますし、民事再生や任意整理でもブラックになると新規ローン審査に通るのが絶望的になります。

更に、借入れをすると毎月一定の金額を返済しなければいけません。その金額が数千円か、数万円かは契約によって異なるわけですが、普段の支出にプラスしての出費になりますから少なからず負担になりますよね。

それが長期に渡って継続するようであれば、返済に追われて生活が苦しくなってしまう恐れも出てきます。

お金を借りるということは、便利なだけではありません。相応のリスクがあるのだ、ということをしっかり認識しておきましょう。

新着記事
TOPICS