> > > 簡単に借入れできる!バンクイックの審査に通るコツ

簡単に借入れできる!バンクイックの審査に通るコツ

お金を借りる時には、銀行カードローンに申し込みをすると金利が低くお得!ということは有名ですよね。けれど、銀行カードローンは審査に通りにくいと言われています。

そのため、ついつい審査に通りやすいと言われる消費者金融へ申し込みたくなりますよね。そこで、バンクイックの審査に通るコツを知っていたらどうでしょう?

バンクイックの審査の内容と、その対処方法が分かれば審査に申し込みやすいですよね。ここでは簡単に借入れできるバンクイックを利用するために、審査に通るコツを紹介していきますよ。

意外に知らない?カードローンの審査が行われる理由

カードローンに審査はつきものですが、そもそも審査はなぜ行われるのか知っていますか?審査がなければ、誰でも簡単にお金を借りることができます。金融機関側も審査のために時間を費やす必要が無いので、時間を他の業務に使うことが可能となります。

それでも審査が必要なのには理由があるのです。その理由とはカードローンが個人向け無担保融資であることに関係します。カードローンは無担保融資つまり、担保のない融資となりますので、個人の信用情報が重要となるのです。

審査が無ければ、誰でも簡単にお金を借りることができますが、返済できない人にお金を貸してしまったら金融機関側は大赤字となってしまい、経営に困りますよね。そこで、どの金融機関でも審査は必ず行われるのです。

カードローン 審査有り 審査無し
借入れできる人 審査に通った人だけ 誰でもOK
返済 可能 出来る人と出来ない人が出てくる
金融機関側 経営が安定 経営が不安的

これで安心!バンクイックの審査内容

それでは、バンクイックではどんな審査項目があるのか見ていきましょう。

個人情報の基本となる情報

入力情報は全て審査項目となりますよ。まずは基本となるのは以下ですね。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 独身・既婚
  • 電話番号
  • 住所

これは、どこの金融機関に申し込む時にも必要となる情報ですね。

収入に関する情報

他にも、返済できるのか見分けるために収入に関する情報も必要となります。

  • 保険種類
  • 世帯年収

保険の種類を伝えることで、以下のように勤務先の規模が分かります。

保険証の種類 対象者
社会保険 サラリーマンで中小企業等にお勤めの方
組合保険 サラリーマンで大手企業にお勤めの方
共済組合 公務員・教職員等の方
国民保険 個人事業者等の方

ローン額に関する情報

また、他社からの借入れ状況も審査では重要となりますよ。

  • 住宅ローンを含む銀行からの借入金額(件数・金額)
  • カード会社・信販会社からの借入金額(件数・金額)
  • 消費者金融系ローン会社からの借入金額(件数・金額)

年収がいくら高くても他社からの借入れ金額が多ければ、返済できる見込みが少なくなってしまいますね。

住居の種類に関する情報

そして、今住んでいる住居に関する情報も必要です。

  • 住居種類(持家・賃貸・社宅)
  • 家賃・住宅ローン
  • 入居年月

持家であれば、住宅ローンに通るほどの収入と返済能力があることが分かります。そして、賃貸のように住み替える可能性が低いため居所をつかみやすいですね。

賃貸であれば、返済に充てる金額が捻出しやすいため、借入金額が高くなる可能性もあります。ただし居住年数が少なければ住み替えの可能性がありますよね。そうすると、居所がわからなくなる可能性があるため高額な借入れは出来ない可能性もあります。。

家族に関する情報

その他にも、家族に関する情報がポイントとなりますよ。

  • 家族の人数
  • 扶養家族の人数
  • こどもの人数

これらは、独身であれば自由に使える金額も多いため、審査に有利となります。扶養家族やこどもの人数が多ければ、独身と比べると月々に必要な生活費は上がってしまいますよね。そうすると月々に返済できる金額も少なくなるため、高額な借入れは難しくなってしまいますよ。

知っておきたい!審査項目から見る審査基準

バンクイックでお金を借りるには、バンクイックの審査に通る必要がありますね。審査基準はバンクイックで独自に設定してありますので、ここで紹介するのは目安となります。

これまで見てきた審査項目から審査の基準となっている「年齢」「独身・既婚」「保険種類」「他社からの借入れ額」がポイントとなります。これはお試し診断でも必要としている項目になりますので、この項目が分かればだいたいの判定が出来るというコトが分かりますね。例を挙げて見てみましょう。
審査項目 男性A 男性B
年齢 25歳 45歳
独身・既婚 独身 既婚
保険種類 共済組合 国民保険
他社からの借入れ なし 200万円

上記の条件で見ると、審査に通りやすいのは男性Aとなります。保険種類、他社からの借入れ状況、いずれを見ても好条件となっていますね。共済組合ということは、公務員か教職員というコトが分かります。つまり収入が安定していることが分かるのです。そのため勤務先が潰れる心配がありません。

一方、国民保険となると自営業であることが想像できます。そうすると、景気に合わせて収入が前後しやすく、毎月の返済が円滑に行われるのか、という不安材料が残ります。そのため、短期間で返済できる金額での借入となる可能性が高くなりますよ。

また、男性Bのパターンであれば既婚者となっています。そのため独身よりも生活費にお金が必要となりますので、返済に使えるお金も少なくなる→低額な借入れとなりますね。

知らないと落ちるかも?バンクイックの審査に通るコツ

全国各地の三菱東京UFJ銀行や提携コンビニATMで、いつでも簡単に借入れできるバンクイックを利用しようと思ったら、審査に通る必要がありますね。

これまで紹介してきたように審査に通るコツは、審査項目にある内容を充実させることですね。各項目でより良い条件を示すことができると審査に通りやすくなります。例えば以下になりますね。

保険証の種類:国民保険→社会保険→組合保険→共済組合

右に行くほど収入が安定していると見なされるので、審査に通りやすくなります。けれど、既に勤務先は決まっていますよね。そこで、他の項目を見ていきましょう。

  • 勤続年数を長くする
  • 居住年数を長くする
  • 他社の借入れを減らす

上記が今からでも工夫できる項目となりますね。勤続年数が長ければ、これからも勤める可能性が高いので安定して収入があると判断できます。居住年数も長ければ、これからも住み続ける可能性が高く、居所不明になるリスクが少なくなります。

そして他社の借入れ件数や金額が少なくなれば、バンクイックへ返済できる金額がアップし、借入可能な額もアップすることに繋がりますよ。

反対に、勤続年数が半年未満と短く、引越したばかりであれば審査に通ることはできません。また収入に対する他社の借入金額が多ければ、返済できないだろうと見なされるため、審査に通ることはできません。

以上のことより、バンクイックの審査に通るには保険の種類や他社の借入れ状況がポイントとなる事が分かりましたね。そして、借入れを希望する時には年収に見合った金額で申し込むことが大切ですよ。
新着記事
TOPICS