> > > 無職になった時も借りられる!アイフルはそんな人でも審査可能!

無職になった時も借りられる!アイフルはそんな人でも審査可能!

無職になった時というのは誰でも心細いものですが、カードローンでは無職の人でも借りられるものが存在します。

収入がないと、カードローン審査の審査基準を満たさないので審査を受けても無意味?と悩まないようにしましょう。

銀行やサラリーマン金融で対応している金融機関は多く、重要となってくるのは返済の意思、計画があるかないかです。

その点に留意し申込まれるようであれば、無職になった後も安心してカードローンをご利用いただけます。

無職になってからも借りられる?借入のタイミングは?

無職になった時、大半の人が借入を行えなくなると思っていますが、実はそうではありません。

借入というのは収入ありきで成立しているわけではないからです。信用、これから先の返済計画に問題がないと判断された場合、無職になった時からカードローン審査を申込まれても審査に通ることがあります。

ここで重要となってくるのがタイミングです。

以下のタイミングを心得ていない場合、タイミングが悪く審査申込されても審査に通らないことがあります。

  • 無職になってからあまり日が経っていない
  • 他のローン返済が残っている

無職になってからあまり日が経っていないようであれば、カードローン審査は申込めるようになっています。というのも、会社を辞められてからすぐに借金を抱える人というのは、それほど多くないためです。

人によっては貯金が残っているケースもありますし、一時的にお金が必要という程度で問題解決される人もいます。

ですが、無職になってから「3ヶ月以上」経過されていると、審査申込のタイミングから逸脱してしまっている・・・と判断したほうが良いです。

これほどの期間が経過されていると、金融機関側も「就職の意思なし」と判断してしまうので注意してください。

それと、他のローン返済が残っている場合もタイミングとしては面白くありません。サラリーマン金融であればこだわらない場合が多いのですが・・・、銀行カードローン審査では通らない場合が多いでしょう。

銀行カードローン審査は以下のように審査基準が厳しく設けられていますので、タイミングに関係なく無職では審査に通りづらいのです。

  • 年収100万円以上
  • 勤続年数が1年以上
  • 借入件数が3件以内
  • 借入総額が100万円以内

無職という時点で審査に通りづらいのですが、他にも借入内容が影響するため、審査後に審査落ちの通知が届く場合が多くなります。

無職でも借りられる理由!保証会社のサービスで実現可能

無職になってからカードローン契約を結べたという人はかなりいますので、無職になった時に慌ててカードローン申込を行う必要はありません。

これは、銀行やサラリーマン金融であっても大きな違いがないのです

というのも、銀行は保証会社がカードローン審査を行っていますが、保証会社は「サラリーマン金融」が担当しているため、どちらで申込まれても大きな違いがない(※)からです。
※あくまでも銀行の場合は保証会社が存在する場合のみ、大きな違いがないとなります

保証会社とは

カードローン審査、契約を担当する会社を保証会社と言います。

つまり、保証会社が存在する銀行では審査と契約を担当しているのは、保証会社として提携している企業となるのです。

保証会社ありの場合は以下のような利点もあるため、今では男女問わずで保証会社ありの銀行が選ばれている状況となっています。

  • 審査時間が短い
  • 審査が甘い
  • 担保・保証人が不要

サラリーマン金融は保証会社として提携していることが多く、そのため、サラリーマン金融でカードローン審査を申込んだ際は、保証会社無しで審査する流れとなっています。

今ではこのようなカードローン審査が標準となっていますので、大手の銀行やサラリーマン金融で審査に通る人も増えているのです。

なにより信用のおける金融機関でカードローン契約が結べますので、保証会社のサービスは運営(主に銀行)、保証会社(主にサラリーマン金融)に対して良い影響のあるサービスと評価されています。

無職でも借りられないケース!同じ無職でなにが違う?

前述では「無職になった時」でも借りられる話の案内をさせていただきました。

ですが、無職になった時では借りられなくなる話もあるので、何故そのような違いが発生するのかも案内させていただこうと思います。

要点に絞って案内すると、無職になった時では借りられないと決められている職業が存在するので、借りられなくなるケースが存在するのです。

具体的な職業は、以下のような特殊な立場にある職業が該当します。

  • 社長業
  • 自営業
  • 主婦

社長業の場合、無職になった時というのは「事業の失敗」が関わってきますので、返済そのものが難しい状況となっているため、審査基準上で貸せない・・・と判断されることが多いです。

基本的に会社の事業に関わるローンを、「金融機関は認めていない」ため貸せなくなっているという見方もあります。

融資を受け持っていた銀行などで、将来も含めて支援を受け続けるか相談されない限り、金融機関全体でカードローンなどが難しくなってしまうでしょう。

自営業に関しては「営業年数に抵触する」ため、カードローン審査で落ちやすくなってしまいます。

銀行やサラリーマン金融で、自営業に対しての貸付は年々厳しくなっているという状況です。そのため、途中で自営業が厳しくなり閉業されているようであれば、営業年数が不足している状態となるケースが多いのです。

営業年数は「2年以上は必要」と案内している銀行も多いため、自営業のカードローン審査は無職になった時点で難しい・・・と、判断したほうが賢明でしょう。

最後に主婦の場合は別口で借入が可能となっているだけで、全体的にカードローン審査が厳しくなっているわけではありません。

このようなケースでは、「配偶者貸付」を利用する形であればカードローン審査を受けられるようになっています。

借入が難しい場合の対処方法!知っておかないと損する豆知識

前述のようなカードローン審査が難しい職業ではなく、最近になって無職になったという人でも、なぜかカードローン審査で通らない人がいます。

俗にいう、信用が足りないためカードローン審査に通らない人のことです

信用というのは蓄積していく仕組みになっていますので、信用と無関係でローンが組めるようにはなっていません。

具体的に以下のようなローン利用履歴が見られるようであれば、カードローン審査においても評価される信用となります。

  • ローン契約の実績
  • ローン返済の実績
  • ローン完済の実績

無職になった時でも、このような信用に則ってカードローン審査は進んでいきます。

ローン契約というのは、「無いよりもあったほうが良い」ので忘れずに覚えておきましょう。

借金ありのほうが良い?と思われるかも知れませんが、借金というのは返済計画が正常であれば正しく利用できるため、借金されている人のほうが「正常に利用されたか」のチェックが行えます。

それが「ローン返済、完済」となります。契約後に支障なく返済されているようであれば問題無しと判断されますし、完済されているようであれば、「信用して貸せる」と判断されるのです。

年収が同じ人で比較しても、片方は倍近い借入限度額で設定が行われることもあります。

これは審査を申込んだ業者により変化があったのではなく、元より片方は信用が高かったために、カードローン審査結果に良い影響が出たのです。

ローンは、「返済より完済のほうが評価が上」とされていますので、些細な借入額のものから先に完済していったほうが、平均的な返済を繰り返すより高評価となります。

無職になった時はアイフル!多様性に優れるキャッシングローン

無職になった時でも貸してくれるサラリーマン金融というのは、多数存在するため比較してもあまり意味がありません。

大手のサラリーマン金融であれば、事情を説明されるだけで何度も相談に乗ってくれるようになっています

ただ、使いやすく審査も甘い・・・という点で抽出すると、アイフルのような一部の業者のみ無職にも甘いと評価できます。

アイフルは、「最速の審査スピード、女性にも優しい」という点で評価されているのですが、年齢制限に関しても厳しくはないため、今では高齢者からも評価されているサラリーマン金融として有名です。

業者名 アイフル
商品名 キャッシングローン
融資限度額 500万円
金利(年率) 4.5%~18.0%
お使いみち 自由(※)
※事業性資金は除く
審査基準 下記の条件をすべて満たす必要あり
1.年齢が満20歳以上満70歳未満の方
2.安定継続した収入を得ている方
3.当社基準を満たす方
遅延損害金 20.0%
契約期間 最長14年6ヶ月(1~151回)
担保・保証人 不要

アイフルは女性からも人気!アイフルのなにが凄いのか?

アイフルは女性に対して優しいと言われていますが、実際にサービスを利用されてみると、使いやすいサラリーマン金融であることがわかります。

というのも、女性にとってありがたいサービスが充実しているからです

アイフルでは以下のようなサービスも用意しているため、これから初めてカードローン審査を申込むという人にもオススメできます。

  • ネットから申込める
  • 同性のスタッフが担当に付きやすい
  • プロのアドバイザーが存在する

ネットから申込めるようになっているので、24時間でカードローンの申込が行えるようになっているのです。

今では銀行やサラリーマン金融で標準化されているサービスとなっていますが、アイフルは「他の業者より審査スピードも早い」ため、最短30分以内で審査結果を受けられるようにもなっています。

他の業者では、「最短でも60分以内、当日中」というケースが多いです。

さらに審査対応してくれるスタッフは同性のケースが目立つため、「男女特有の相談も行いやすい」という利点があります。

女性の場合、以下のような悩みについても聞いてくれるので、無職になった時にアイフルで相談して良かったという声も多いです。

  • 専業主婦(無職)でも借りられる?という悩み
  • 夜のみ専属で仕事している場合も借りられる?という悩み
  • 最近になって結婚し無職になったけど借りられる?という悩み

アイフルは柔軟な対応を心がけているので、返済に大きな支障がない相手であれば、無職になった女性であっても優しいカードローン相談を行ってくれます。

アイフルはおまとめローンも対応!低金利のおまとめMAX

アイフルの人気は、キャッシングローンの対応力だけで成立しているわけではありません。

近年では、おまとめローン「おまとめMAX」という商品も、男女問わずで評価されています

おまとめローンとは

基本的にローンというのは単独で契約するものですが、複数のローンを単独のローンに切り替えることも可能です。

その際におまとめローンとして審査を受けられるようになっていますが、おまとめローンは金利も優れているため、今では銀行やサラリーマン金融のおまとめローンも人気となっています。

単独のローンと比較しても、おまとめローンのほうが以下の点で優れていますので、現在ローンでお悩みの方はおまとめローンも検討されてみてはどうでしょうか。

  • 返済の管理が楽になる
  • 信用が上がりやすくなる
業者名 アイフル
商品名 おまとめローン「おまとめMAX」
融資限度額 500万円
金利(年率) 12.0%~15.0%
お使いみち 当社及び他社借入金の借換え
審査基準 下記の条件をすべて満たす必要あり
1.年齢が満20歳以上の方
2.安定継続した収入を得ている方
3.当社基準を満たす方
遅延損害金 20.0%
契約期間 最長10年(120回)
担保・保証人 不要

借換?おまとめ?気になる返済支援制度とその中身を解説

先ほど案内させていただいたおまとめローンですが、正確には「返済支援制度に則った一本化」のことです。

一本化というのは、まとめられていなかったものをまとめることを言います

返済支援制度とは

従来のローンというのは、総量規制が適用されている中でローン契約することを言います。

ですが、返済支援制度、もしくは銀行系で借入を行う場合は「総量規制対象外」で借りられるようになっているため、今では高い人気を誇っているのです。

総量規制対象外で借りられる場合、「年収による制限」が解除されている中で借入が行えるようになります。

無職になった時、年収による制限が存在すると「最低限の借入」までしか許可されませんので、男女問わずで「20万円以内の借入」が限度となるでしょう。

これは銀行やサラリーマン金融に大きな違いはありませんので、返済支援制度でローン審査を受けたほうが賢明である場合が多いのです。

アイフルは他とは違い、返済支援制度ありのおまとめMAXであれば、「100万円以上の審査に通っている人も多い」ことで評価されています。

他では50万円前後で制限がかけられることもあるため、返済が全体的に厳しい状況となっている際は、アイフルでおまとめMAXの相談をされたほうが良いでしょう。

銀行は総量規制対象外となっていますが、銀行は「ローン利用履歴が長く確認できる人物」でない限り、甘い審査を行ってくれないため、審査に通る人が限られる・・・という難点があります。

収入に自信がない、あまりローンを利用していないという人であれば、アイフルのような優良サラリーマン金融で一本化を目指したほうが、無難にローンの一本化を目指せることが多いです。

新着記事
TOPICS