> > > ブラックでも保証人なしで借入可能!緩いカードローンあります!

ブラックでも保証人なしで借入可能!緩いカードローンあります!

カードローンについて調べていると時々ブラックと言う言葉を耳にします。ブラックとはブラックリストに載っている人という意味なのですが、実際にはブラックリストは存在しません。

俗に言うブラックとは金融履歴に問題がある人のことを指します。そんな人でもカードローンを利用することは可能なのでしょうか?ブラックでも保証人なしで借入できるカードローンがあるのか調べてみました。

信用情報に問題あり!ブラックになると借入先探しは難しい

ブラックと呼ばれる人はどのような金融トラブルを起こした人なのでしょうか。今後借入を考えているなら、お金のトラブルを起こさないようにすることが大事です。

返済の遅れ、債務整理、自己破産、多重債務などがあるとブラックと呼ばれます。信用情報に記録された内容は、金融機関の間で共有されますので、隠すことはできません。

この記録は返済後5年間は残りますので、その間は各種ローンやクレジットカードの審査に不利になります。

お金を借りる際には、信用情報に傷がつかないように注意することが大事です。

カードローンをはじめとするローン審査では、おもに年収、勤務先、信用情報が審査されます。

年収は限度額を決める上で重要です。消費者金融は、総量規制の対象となりますので年収の1/3以上は借入できません。

またカードローンの利用条件の一つである安定した収入があるかどうか確認するためにも勤務先のチェックも欠かせません。務先のチェックには、勤務先へ電話をかける在籍確認が行われます。

そして、審査を最も左右するのが先ほど述べた信用情報です。

過去に金融トラブルがあると、お金を返さない人と判断され、審査に影響します。審査に通るかどうかは、トラブルの度合いにもよります。

自己破産などはもってのほかですが、複数の借入があっても、返済能力があると見なされれば、審査に通ることはあります。

また借入先によって審査の厳しさも異なります。銀行カードローンは一般的に審査が厳しいと言われていますが、消費者金融は審査に通りやすいのです。

ブラックの人はできるだけ審査の緩いカードローンを選ぶのが賢明です。

ブラックでも保証人なしで借入できる!でも高金利は否めない

カードローンで気になるのは、保証人が必要なのかということです。昔から借金に保証人はつきものでしたが、カードローンの場合はどうなのでしょうか。

実はカードローンもかつては保証人が当たり前でした。しかし、保証人制度では債権者、債務者、保証人の間でトラブルが絶えず、保証人制度はカードローンの借入を難しくしていました。

現在ではカードローンを利用する際に保証には必要ありません。保証人制度を廃止したことにより、カードローンはより手軽で多くの人が利用できるようになり、人々に浸透していったのです。

しかし、保証人制度がないとカードローン会社はリスクを負うことにならないのでしょうか。

現在ではカードローンの利用条件の一つに保証会社の保証を得られる人というのがあります。

保証会社が保証人となってくれるのですが、これは返済ができない場合、保証会社がかわって支払ってくれるというわけではなく、債権が保証会社に移るという仕組みです。

その後はカードローン会社ではなく、保証会社に返済していくことになります。

また消費者金融などの金利が高いのは、保証料が含まれているからです。保証料という名目ではない場合もありますが、未回収になった際の損害を防ぐために金利が高めに設定されているのです。

一方銀行カードローンは金利が低いですが、その分、利用者を厳選しているのでいわゆるブラックと呼ばれる人は借入が難しいでしょう。

審査に自信がない人はやはり、消費者金融がおすすめです。消費者金融の中でもとくに審査が緩いと言われているのが、中堅の消費者金融です。

中堅の消費者金融と言われてもぴんとこないと思いますが、アローやフクホー、中央リテール、エニー、ライフティなどが人気です。

これらの会社の中にはブラックでも借入できたという口コミも多くみられ、ブラックの方に希望を与えています。

おすすめの中堅カードローンの詳細は後細ご紹介します。

ブラックの人がスムーズに審査に通過するために気をつけたいこと

ブラックの人が借入するなら、審査が緩い消費者金融がおすすめという話をしましたが、さらにスムーズに借入をするためには万全な審査対策も必要です。

審査対策チェック項目

  • 誤字脱字、書類の不備はないか
  • 希望借入額は高すぎないか
  • 信用情報に問題はないか
  • 在籍確認に問題はないか
  • 一度の複数の申込をしてないか

誤字脱字や書類の不備などがないというのは申込の大前提となります。もしなにか問題があれば印象が悪くなるだけでなく、審査に時間がかかってしまいます。

提出する前にもう一度きちんとチェックするのは当然です。

希望借入額はできるだけ低めに設定しましょう。自分がどんな目的で借入をするのか明確にし、必要最低限の金額を申請しましょう。余分に借りても結局、負担が大きくなるだけです。

借入額が増えたり、借入期間が長引いたりすれば、金利の負担は重くのしかかります。

信用情報はさきほど説明した通りですが、中には自分の信用情報に問題があることに気がついていない人もいます。

たとえば、返済を口座引き落としにしていて、残高不足に気づかず、知らない間に信用情報に傷がついているというパターンです。自分の信用情報は、信用会社に問い合わせれば開示してもらうことが可能です。

自分の信用情報を把握しておくことは、大切です。

カードローン審査では必ず在籍確認を行います。事前に了承を得てから行うことが多いと思いますので、勤務先の電話番号に間違いがないかなど、心の準備も含めて怠らないようにしましょう。

また審査に落ちた時のことを考えて、一度に複数の申込をする人がいます。これは申込ブラックといって、大変お金に困っていると判断されてしまいます。

申し込みの際にはまず一社にしぼって申込を行うようにしましょう。

以上のように、審査に備えて準備することで少しでも審査に通る可能性をアップしましょう。ブラックでも借入先はみつかるはずです!

キャッシングのエニーならブラックでも借入できる可能性大!

ブラックでも審査に通りやすいと言われている中堅のカードローンの中で、口コミやランキングでとくに人気の高いキャッシングのエニーをご紹介しましょう。

エニーは東京都台東区にある消費者金融で、モットーはFace to Faceのサービスです。全国対応のキャッシングで即日振込も可能です。

一般的なカードローン、1day ダイレクトとゆとりの限度額のビッグがあります。

商品名 金利 限度額
1day ダイレクト 年率15.0%~20.0% 1万円~100万円迄
ビッグ 年率12.6%~15.0%  100万円~300万円迄

1 day ダイレクト・ビッグの利用条件

  • 満20歳以上で定期収入のある方

必要書類

  • 身分証明書(運転免許証など)
  • 直近2ヶ月以内の給与明細書もしくは直近の源泉徴収票

申込の流れ

インターネットからの申込

申込内容の確認・審査(最短30分)

審査終了後、融資(必要書類の提出)

インターネットの他にもFAX,電話、来店による申し込みが可能です。

キャッシングのエニーのほかにもブラックでも審査に通る可能性が高いと言われている中堅のカードローンは多数あります。

まずは情報収集し、自分に合った借入先をみつけましょう。ただし、ヤミ金と呼ばれる違法業者の勧誘などには十分注意しましょう。

新着記事
TOPICS