> > その他職業の人たちの記事一覧

消費者金融一覧からその他職業の人たちが使えるためのまとめ集

その他職業は、正規の消費者金融業者の利用の問題になるのでしょうか。どのような職業をしていようと生活者である限り、生活の局面についてまわる予定外の出費という事態に遭遇しないわけにはいかないのです。つまりいざという時のキャッシング利用ができないとなると、大変な不便を強いられるということになります。とはいいながら、安定した収入を提示することは極めて難しく銀行の利用にはなかなかの困難を伴います。

消費者金融業者の利用条件を確認しましょう。「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する『給与所得者、自営業者、パート、アルバイト、派遣・出向・委託社員、主婦(専業主婦除く)、学生』の方で、当社基準を満たす方」との表示がされていたりします。この業者の場合は極めて具体的な例を挙げており、対象者が広く捉えられていることがわかります。

その他職業とは不安定収入か思われるかもしれませんが、安定した収入といは何かと問うとき、そこにはかなり幅のある解釈が成立することがわかると思うのです。たとえ給与所得者なるサラリーマンであっても月ごとに残業代の清算などがあれば、金額は上下します。つまり金額が一定金額であることを意味しません。ですから、利用者条件としては安定した収入ではなく、定期的な収入と返済能力という表記になっているのです。

例えば自由業と呼ばれる職業であれば、具体的な職種によって月収の安定度は変化するでしょう。しかし、大切なのは年間やさらに長期間で、押しなべた収入の安定度だということになるのです。全く収入が途絶えた月が続くのであれば、それは消費者金融のキャッシング利用以前の問題になってしまっています。ですから年収を月で平均した収入が一つの目安だと言えるかもしれません。

例えば自営業の場合、業種としてはあまりにもさまざまです。毎月乱高下する売り上げ、赤と黒を行ったり来たりする収入ともなれば、確かに消費者金融でのキャッシング利用に問題を生じる可能性は高いかもしれません。しかし、この場合もまた問題は消費者金融業者の問題ではないのです。キャッシングを提供する業者としては、返済能力を有すると判断できるということが大切なポイントになっているといえるでしょう。

結論的に、その他職業といっても消費者金融のキャッシング利用で特別問題になる点はありません。しかしながら、一般的な注意事項をしっかりと把握した上での利用が求められることもまた確認が必要でしょう。消費者金融のキャッシングは少額・短期の利用が原則です。このことを誤ると消費者金融でのキャッシングメリットはどこにもなくなってしまうことになりかねないのです。

やっと学校を卒業して就職できたと喜んでばかりはいられません。引っ越しやスーツなどの費用で、案外お金が必要になります。しかし、新卒ではまだ収入が低めということもあり、お金が足りないという状況の人も多いでしょう。 新卒こそカードローンが必要になりますが、はたして新卒でも借入できるのでしょうか?スムーズに借入するためにはどうしたらいいのか調べてみました。 新しい生活にはお金が必要なのに!新卒はなぜ審査に不利? 新卒の人は新しい生活の準備としてお金が必要にな...

キャッシングをするためには、職業に就いていなければなりません。 また、職業によってはよりお金が借りやすくなるので、どんな職業に就いているとキャッシングしやすいのか?というポイントもチェックしておくといいですね。 そこで気になるのが、特に収入が多く、社会的に信用がある職業の場合です。ここでは「外資系企業」に勤めている場合を例として、職業とキャッシングの関係を見ていきましょう。 キャッシングをする上では職業はもちろん、収入面も重視しておかなければなりませ...

かつては「サラリーマン金融(サラ金)」と言われるほど利用者が多かった貸金業者ですが、現在は消費者金融と名を変えて、サラリーマン以外の様々な職種に人に利用されています。ですが、依然として会社員の利用割合は多いのが現状です。 さて、そんな貸金業者ですが、サラリーマンが借り入れをする場合、最高でいくらぐらいまで借り入れが出来るのがという上限を正確に理解している人がそれほど多くはありません。 今回は、サラリーマンが貸金業者を利用する際に知っておきたい、...

消費者金融の借り入れは、いろいろな職業の人が利用します。サラリーマンはもちろん、アルバイトの人や契約社員、パートタイマー、自営業者といった様々な就労形態の人が借り入れをするようになりました。 では、将来ある特定の職場に勤務することが決まっている「内定者」は貸金業者にどのように判断されるのでしょう。今回は、消費者金融や銀行といった私達にお金を貸すことが出来る金融業者が、借入審査において職業をどのように採点しているかを解説していきます。 意外と知られていな...

24時間回り続ける世の中には、様々なお仕事がありますが、夜のお仕事の代表と言えば水商売です。一般的な会社員のような安定した収入ではなくても、頑張り次第で高給も夢ではない、実力が問われるお仕事ですね。 お金を借りる時、水商売だと利用しにくいキャッシングやローンがあります。会社員なら審査にすぐ通るのに……と嘆いて困る人もいることでしょう。返済能力があっても審査に通らないのは困ったものです。 でも、水商売でも借りられるところはあります。もちろん怪しい...

社会人になって一年生、学生時代にはなかった種類の出費があることに驚いたことはありませんか? ちょっとした経費を一時立て替えなければいけなかったり、もし一人暮らしを始めたのなら、家賃や光熱費もかかりますね。 少しお金が心元ないな……と思うこともあるかもしれません。そんな時に使いたいのがキャッシングやカードローン。じゃあ申し込んでみようかな?と思って調べてみたら、何だか「勤続年数」という条件が……。 新入社員では、審査に必須と言われる勤続年数を満たすことは...

自分の将来を決める大切な活動、それが「就職活動」です。 それまではバイトに明け暮れていたという人も、この時期はバイトを辞めて必死に就活…という方も多いのではないでしょうか。 今は就活をするにも非常に経費がかかる時代。そんな時にはカードローンでちょっと助けてもらえたら…とついつい思っちゃいますよね。 しかし、就活中のカードローンの利用は出来るの?将来に影響を与えない?などなど、ちょっとした不安がつきまといます。 今回は「就活」と、カードローンなど「お...

自己破産すると一生お金を借りることが出来ない!と勘違いしてしまいがちですが、そんなことはありません。また改めてお金を借りることも十分に可能です。 しかしそのために知っておいた方がいい知識が多数あることは確かです。 今回は、もし自己破産をした場合どういった流れで再度お金を借りることが出来るようになるのか?再度借り入れする際の注意点などはあるのか?借り入れが出来ないときの原因は?といった、破産者のリスクや、ブラック期間後について詳しく見ていきたいと思います...

不景気の影響で現在は希望の仕事に就くことはおろか、仕事を探すのも難しい状況という人も少なくないでしょう。特別なスキルや資格があれば話は別ですが、仕事の経験があまりないと採用してもらえないこともあります。 そんな人たちが一時的に、または継続的に続けているのが日雇い派遣です。日雇いといっても、その職種は実に様々なのですが、日払いというのが特徴です。 日雇い派遣の人こそ、カードローンのお世話になりたいのですが、はたして日雇いでもカードローンの利用は可能でしょ...

消費者金融を利用したいと思うと、まずは申し込みをして審査をクリアする必要があります。 このとき、審査をパスしなければ当然消費者金融を利用することは出来なくなるわけです。しかし、残念ながら審査に落ちるということは、十分起こり得ることでもあります。 審査項目の1つが、雇用形態・勤務先にあります。その他の条件とは違い、簡単に変えることが出来ない条件になるわけですが、フリーランスというのは、どうしても不利になってしまうのです。 しかし、フリーランスでも消費者...

123
新着記事
TOPICS