> > 消費者金融の利息について

消費者金融を金利と利息で選ぶための基礎と応用を扱った記事

消費者金融業者は無担保・無保証人での個人向け少額キャッシングを提供しています。この時、無担保・無保証人でのキャッシングを別名、信用貸しとも言います。ですから消費者金融とは別名個人向け信用貸し業者とも呼ぶことがあります。銀行でも同じように個人向けのキャッシングを提供していますが、信用貸しということになると消費者金融に一日の長があるためです。

消費者金融のみならず、銀行ローンであってもキャッシングの利用には利息を支払う必要があります。利用したキャッシング額に応じた利息をキャッシング利用した元本に加えて返済することになるのです。その時の利息を計算するための利率を金利というわけです。金利が高くなれば、返済しなければならない利息も大きくなりますし、金利が低ければ支払利息は小さくなります。

キャッシング元本と金利から支払利息を計算するときに必要なもうひとつの要素が期間です。利息は期間経費だとも言われます。ある金額を長い間借りるほうが支払利息が大きくなると言われれば、わかりやすいのではないでしょうか。借りた翌日返す方が、一年後に返すより利息は少なくなります。つまり利息は、キャッシング元本と設定されている金利、そして利用期間の三つの項目から計算されることになるのです。

具体的な利息の計算法を示しておくと、
利息(円)=元本(円)×金利(%)÷365(日)×利用日数(日)。ということになります。これは金利から利息を計算するときには一般的に用いられる計算式なので、いろいろな金利計算に使うことができるはずです。また、この計算で算出した利息を次回利息を計算する元本に足してしまうと複利計算になるのです。この複利計算でキャッシングを利用してしまうと、完済するために大変な苦労を強いられることが知られています。

消費者金融業者などが提示している商品詳細には利用限度額と共に実質年率が表記されています。この実質年率が金利というものになりますが、この金利には最低金利と上限金利との2種類記載されることが一般的になっています。数字が小さい最低金利は、利用限度額の上限に対して適用される金利であり、数字が大きい上限金利は利用限度額の最低金額に適用される金利ということになっています。

通常、消費者金融業者にキャッシングを申し込んだとしても、利用限度額の上限のキャッシングを新規利用者に対して認めることはありえません。信用によるキャッシングだから当たり前でしょう。ほとんどの場合、利用限度額の最低金額に近い金額を提示されるはずですし、申し込みに際してもできるだけ最低金額に近い方が満額回答を得るコツの一つになっています。

カードローンの返済は、毎月少しずつ返済していく方法が主流です。カードローン契約の際には、約定日(毎月どこか1日に決められる)を設定し、その日までに債務残高によって決められた一定の金額を支払うようにしなくてはいけません。 それとは別に、私達は好きな時にいつでも希望した額を返済することが出来るようになっています。これを任意返済といいます。任意返済はひと月に何回でも利用でき、全く利用しなくても構いません。 今回は、カードローンの特徴を踏まえたうえで、返済はど...

やっぱり誰もが借金をするときに一番気にするのは借入の利率ではないでしょうか。借入の利率についてはすごく気になるところですが、どのくらいの利率が安いのでしょうか。 高い利率はどのくらいか?どのくらいから安いといえるのか?また、最も安く消費者金融や銀行系カードローン、その他ローンを使うにはどうしたらいいのかなどを探っていきましょう。 消費者金融の場合は18%の利率がほとんど! まず消費者金融について見ていきましょう。最も気軽に使える借入手段と...

様々なカードローンの魅力的なサービスの中で、一番目をひくのは、やはり「無利息期間サービス」ではないでしょうか? 一定期間利息を支払わなくていいなんてまるで夢のよう…と感じる方もいるでしょう。 しかし、それは永遠ではありません。当たり前ですが、期間が終了すれば利息を支払う必要があります。 無利息期間は非常に魅力的ではありますが、その次のことの方が大事。返済しなければならない期間のことを考えると本当に無利息期間はお得なのでしょうか?実際にシミ...

銀行やサラリーマン金融で、利息計算のシミュレーションが行えるようになっているため、今ではカードローンも楽に組めるようになりました。 このようなサービスで恩恵を受けている人は多く、借入シミュレーションのおかげで、特に女性は安心して借りられるようになったと評価しています。 具体的にどのような恩恵があるのか、またどのような業者であれば借入そのものも安全に行えるのかは、記事内の案内を参考にしていただければ幸いです。 どんなサービス?金融機関の借入シミュレーシ...

カードローンの「利息だけ返している」という人の話を聞いたことがありませんか?実はどうしても返済が苦しい場合に、そのような対処をしてもらえることがあるのです。 「え!じゃ私も早速そうしよう」と思った方も居るかもしれませんね。でもこれは何時でもお薦めできるものではありません。しかし延滞のピンチを切り抜けるには、とても効果的な手段なのです。 今回はこの通常とはちょっと異なる形の返済について、詳しくご説明していきたいと思います。 普通はどうやるの?一般的なカ...

消費者金融やカードローン業者を使う人からしたら「当たり前だろう」というようなことでも、使ったことがない人にしてみればわからないことだらけです。それが当たり前です。 例えば限度額や金利などについてご存知でしょうか?金利が18%となっていますが、これは月利なのか年利なのかわかりますか?法律で決められている金利は?というとわからない人も多いと思います。 ですので消費者金融や銀行系カードローンなどの金利にまつわるお話をご紹介します。 消費者金融も銀行系カード...

お金に困った時、比較的簡単な手続きですぐに貸してくれるのが高利貸しです。しかし、高利貸しは便利なだけではありません。 利用方法に注意しなければ、自分を苦しめてしまう事だってあるのです。高利貸しを利用するときにどのような悪い事態が起こり得るのか、またそうならない為にどうすれば良いのか気になりませんか? 高利貸しを利用する際には、注意しておきたい3つのポイントがあります。そのポイントを詳しくご紹介しましょう。 高利貸しはどういうところ?基本情報をチェック...

金銭の貸し借りをする際には、その金額の多い少ないに関わらず契約を結ぶのが望ましいですよね。契約では、いくら貸したのか、いつ返すのかといった貸し借りの情報を記載します。 また、金銭の貸し借り時に利息を設定することが普通ですが、利息を決めずにお金を貸すということもありますよね。この「利息の定めなし」の契約では、貸した側は後から利息を設定することが出来るのでしょうか。 実はそれは不可能なのです。金銭の貸し借り時に契約書内での利息設定が必要な理由、そして法律に...

お金を借りる時の利息、大手消費者金融ではだいたいどこも年18.0%となっていますよね。アコムもアイフルもモビットも同じ年18.0%だと気づいていましたか?これは、利息制限法で上限金利が定められているからですね。 利息制限法を聞いたことがあるという人は多いでしょうが、どんなことが書かれているのかを知っている人は意外に少ないですよね。そこで、ここでは利息制限法について見ていきます。 お金を借りようと思ったら一度は耳にすることがあるのが利息制限法です...

確定申告というのは、人によっては毎年で行う申告となっています。 また、そのような立場にある人は確定申告をされているだけで、実際の年収や収益がわかりやすくなるため、利用できる金融機関も多くなります。 銀行やサラリーマン金融によっては、審査時に提出を求められるケースまであるのです。 ただ、デメリットばかりでなく提出されていたほうが信用を得られるため、カードローンの利息が安くなることも多くあります。 確定申告は必要?カードローンで必要とな...

12
新着記事
TOPICS