> > > もう少しだけお金を借りたい!限度額を増やすための方法!
PR

もう少しだけお金を借りたい!限度額を増やすための方法!

やっとの思いで審査をクリアし、借入をしたけれど、限度額が思っていたよりも少なかった、そんな経験はありませんか?

もしなにか目的があって借入をする場合、限度額が希望額に満たないと足りない分をどこかで補わなければなりません。そんなとき、頭に浮かぶのは増額の2文字ですが、増額はそんなに簡単にできるものなのでしょうか?

ここでは増額、つまり、限度額をアップする方法を調べてみました。

限度額が十分じゃない!増額について教えて

そもそもみなさん増額という言葉をご存じでしょうか?増額というのは、すでにカードローン契約をし、利用を開始している人が、現在の限度額では不十分なので、限度額アップを求めて申込をすることです。

一般的に新規で借入する場合は、本当にきちんと返済してくれるかどうかわからないので、最低限の限度額となります。もちろん属性が強い場合などは例外もありますが、期待したほど限度額が高くないというのが普通です。

そこで増額を希望するわけですが、増額の際には、それなりの審査が行われますので、誰でもすぐに増額できるというわけにはいかないようです。

カードローンには大きく分けて、銀行カードローンと消費者金融がありますが、一般的に銀行カードローンの方が審査が厳しいと言われています。つまり、増額審査に関しても、銀行カードローンの方が審査が厳しいかもしれません。

銀行カードローンの中には増額審査の際に、再度、増額用の申込書が必要な場合もあります。それに対して、消費者金融の場合はコールセンターへ電話を一本かけるだけで完了ですのでお手軽です。

スムーズに増額を実現するためのポイントをチェック!

借入先によって増額審査の内容や方法などは異なりますが、スムーズに増額審査に通るためにはいくつかのポイントがあります。

増額のための条件

  • 半年以上返済の遅れがない
  • 登録内容に変更がない
  • 他社から新たに借入をしていない
  • 収入証明書の提出ができる

半年以上返済の遅れがない

増額審査を行う際に最も重要なのが、半年以上返済の遅れがないということです。新規で借入をする場合、利用者がきちんと返済してくれるかどうかまだわかりません。

半年間遅れることなくきちんと返済を続けることで、返済実績を積むことになり、増額が可能となるわけです。

登録情報、信用情報に変更がない

住所や電話番号、登録口座などに変更があった場合は速やかに連絡しましょう。変更を届けないままでいると、連絡が取れないなど、相手に不信感を与えてしまいます。

また新たにローンの申込をしたり、クレジットカードを作ったり、信用情報に変更があった場合も、増額審査に影響します。これらはこちらから申請しなくても、審査の際に信用情報をチェックすることでバレてしまいます。

新たにローンを組んだりすれば、返済能力が問われることになりますので増額審査に影響するのは仕方ないですね。

ちょっと待って!増額の際に注意するべき点

増額の際にはいくつか注意点もあります。

減額になる場合も!?

増額審査では信用情報を再チェックすることを先ほど述べましたが、その際に契約時に比べ信用情報に問題が生じていた場合、増額はおろか、減額される危険性もあるということです。

増額の希望をしたのに、反対に減額されたしまったらショックですよね。信用情報に自信がない場合は、なるべく増額は考えた方がよさそうですね。

銀行のカードローンの場合は、随時利用者の信用情報をチェックしているところもあるようで、突然利用停止になったりもするらしいです。

在籍確認がある場合も

もうひとつ気になるのが在籍確認です。カードローンの中には増額審査の際に在籍確認を行うことがあるらしいです。人によっては会社にカードローンの利用がバレるのではないかと、在籍確認を嫌がる人もいます。

実際にはカードローン会社のスタッフが個人名で電話をかけるのでバレることはまずないのですが、気になる人は要注意です。

増額できなかったときは新規で借入!おすすめは消費者金融

カードローンの増額審査に通るにはどのようなポイントに気をつけたらいいのか、また増額に伴う注意点などをご紹介しましたが、それでも増額が叶わなかったときにはどうしたらいいのでしょうか。

一番手っ取り早いのは、他のカードローンで新規で借入をすることです。もちろん、この方法にはデメリットがあります。

他社での増額に失敗したわけですから、新たに申込をしても、可決される可能性はゼロではありません。しかし、信用情報に大きな問題がなく、総量規制にも反していなければ借入できる可能性はあります。

ただし、複数の借入先があると借金の管理が難しくなったり、金利が高くなるなどの難点がありますので、よく検討したうえで必要であれば新規の借入を考えてみてください。

増額しやすいのは中堅消費者金融

もしも増額が実現しない場合には新たな借入をすることになりますが、できるだけ審査の緩い借入先を探すのがいいと思います。

審査が緩いと言えば、やはり銀行カードローンより消費者金融、消費者金融の中でもとくに中堅の消費者金融は審査が緩いと言われています。

中堅の消費者金融と言われてもぴんとこないかもしれませんが、フクホー、中央リテール、エニー、ライフティ、ノーローンなどが人気です。

今回は口コミでもいつも評価の高いノーローンをご紹介します。

口コミで絶賛!人気のノーローン

ノーローンは新生銀行グループの消費者金融です。ノーローンの特徴と言えば、何と言っても何度でも一週間無利息を利用できることです。

無利息ローンとは一定期間金利がゼロになるサービスですが、何度でも利用できるというのは業界でも珍しいのです。

ノーローンの一週間無利息なら初回と全額返済した翌月は再び利用することが可能です。

また新生銀行ATM、提携ATMのほか、全国の新生銀行カードローン「レイク」のATMも利用できますので大変便利です。

ノーローンの基本情報です。

金利 限度額
4.9%~18.0% 300万円

利用条件

  • 20歳~69歳までの安定した収入のある方

必要書類

  • 本人確認書類 (運転免許証、健康保険証、パスポート、顔写真付の住民基本台帳カード など)
  • 限度額50万円を超える場合は収入証明書

申込方法

パソコンやスマホによる申し込み
   ↓
審査結果の連絡
   ↓
レイクの自動契約機でカード発行、または郵送

お急ぎの方はレイクの自動契約機を利用すればその場でカードの発行が可能です。申込みからカード発行まで即日対応!土・日・祝もキャッシングが可能です。

返済日は利用者の都合に応じて決めることができます。返済は借入金額スライドリボルビング方式となり、契約時の限度額と借入残高に応じて毎月の最少返済金額が設定されます。

たとえば、限度額が30万円以下、借入残高が10万円以下の場合、最少返済額は4千円となります。余裕のあるときは追加の返済も可能です。

PR【子羊の羅針盤】では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運営しています。
新着記事
TOPICS
運営者情報