> > > 口コミが便利!?審査の甘い消費者金融の探し方とは

口コミが便利!?審査の甘い消費者金融の探し方とは

審査に落ちたくない!その為に審査の甘い消費者金融を探したい!そう考えた時、どうやって探すのが良いと思いますか?

消費者金融の探し方は色々ありますが、審査が甘く信頼できる先、安心して利用できる先を見つけたいという事であれば、口コミを利用するのが便利です。

そこで、審査の甘い消費者金融を探す際の注意点、そして口コミの上手な活用方法について、ご紹介していきましょう。

審査が甘い消費者金融には危険が隠れている!?その理由とは

消費者金融に申し込みをする際、審査に通るかどうかという点に関して不安を感じる人は多いはずです。だからこそ、出来るだけ審査に通る可能性を上げたいと考えるのは自然なのかもしれません。

ただ、審査が甘い消費者金融を利用するという事には、リスクが隠れている場合があるのです。それは、闇金を利用してしまう可能性があるというものです。

闇金は、「闇金ですよ」と大々的に宣伝しているわけではありません。普通の消費者金融のフリをして、利用者を待っていると考えてください。だからこそ、次のような甘い文句で利用者を勧誘しているのです。

  • 誰でも審査に通ります
  • ブラック歓迎
  • 審査が激甘!

一見魅力的な宣伝文句ではありますが、ブラックでも大丈夫、誰でも審査に通すというのは簡単に出来る事ではありません。なぜなら、お金を貸すにあたって必要になるのが、利用申し込み者の「信用」である為です。

本当に借りたお金を返してくれるのか、返すだけの能力があるのか、ということをチェックするのが審査です。ブラックという状態は、信用が限りなく落ちている状態にありますから、審査に通るのは極めて難しいのです。

ブラックも「歓迎」なんて表現をしているのは、どこからも借りることが出来ないという人に利用を促す意図があります。思わず飛びついてしまうような宣伝は、その為なのです。ただ、審査が甘くても安心して利用できる消費者金融もあります。

ですから、誤って闇金を利用しないように、知識を身につけておくことが必要なのです。

口コミを活用!安心して利用出来る消費者金融を探す方法とは

審査が甘くて安心して利用できる消費者金融を探すのに有効なのが、口コミを利用するというものです。口コミは利用者の生の声が集まったものですから、消費者金融の実態を把握するのに適しているわけですね。

審査が甘い消費者金融は、中小の会社であることがほとんどです。ですから、ホームページがきちんと整備されていないことも多いですし、ホームページ自体が無いということも珍しくありません。満足に情報を得られないわけですね。

しかし、口コミをチェックすれば次のような情報を得ることが出来ます。

  • どのような条件で審査に通ったか
  • いくら借入できたか
  • 申し込みから返済までの担当者の対応

この情報がどのように重要となるのか、その理由についてご紹介してきましょう。

審査がどの程度甘いのか分かる!?自分の条件と比較しよう

今までの利用者がどのような条件で申し込みをして、審査に通ったかという事をチェックしていきましょう。自分と似たような条件の人が申し込んだ結果をチェックできれば、自分が審査に通るかどうかの目安となります。

  • 他社借入状況
  • ブラック状況
  • 年収

この3つの条件が合致する、もしくは近い条件の口コミを見つけられると良いですね。ただ、実際はこれらの条件だけでなくその他の要素も審査でチェックされているわけですから、必ず同じ結果になるとは限りません。あくまでも参考と考えてください。

希望額が借入できるの?皆の借入金額をチェック

最後に確認しておきたいのは、実際借入出来た金額です。いくら審査に通ることが出来ても、借入できる金額が極端に少なければあまり意味がないかもしれません。ですから、実際の借入金額をチェックしておくことが必要なのです。

思ったよりも少額しか融資してもらえないな、と思えば他の消費者金融を検討してみれば良いですし、十分借入出来そうだと思えば申し込んでみれば良いのです。

闇金じゃない!?担当者の対応・実際利用した感想は重要

口コミは辛辣な事もたくさん書かれています。それだけ、ありのままの情報が載っているとも言えますね。もし闇金であったり、闇金のような横暴な対応があったりした場合は、そのこともきちんと書き込まれているのです。

ですから、実際利用した感想、そして担当者の対応がどうだったのかを知ることは、自分が安心して利用できるのか、信用することが出来るのかを判断する目安となります。

口コミを見た印象で、ちょっと怖いな、無理そうだなと思えば申し込みをしなければ良いのです。そのような直感も大切ですよ。

消費者金融を選ぶ時にチェックしたい3つのポイントをご紹介

消費者金融を選ぶときには、どうやって選ぶのが良いのでしょうか。ここでは、条件の良い消費者金融を選ぶためのポイントをご紹介しましょう。

そのポイントとは、次の3つになります。

  • 金利が低いところを探す
  • 無利息期間の有無をチェックする
  • 返済日・返済金額を確認する

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

負担が少ない!利用するなら低金利の消費者金融が安心

借入をするなら、出来るだけ返済負担の少ない所を選びたいですよね。だからこそ、低金利で借り入れ出来るというのが重要となるわけです。

ただ、審査が甘い消費者金融の特徴としては、次のポイントが挙げられます。

  • 比較的高金利
  • 数万円前後の少額融資

審査が甘く、多少信用に問題がある人でも利用出来るとなれば、どうしても貸し倒れのリスクを考えなければいけません。ですから、出来るだけ高金利で少額の融資をして、確実な返済・収益を得るという方針を取っているわけです。

法定の上限金利20.0%に近い金利設定をしているところが多いというわけですね。その中でも、18%前後の金利設定であれば比較的金利が低いと言って良いでしょう。

そのような消費者金融を探すことが出来ると良いですね。

意外とお得!?無利息期間、無利息キャンペーンは要チェック

通常の金利が高かったとしても、もし無利息期間や無利息キャンペーンを実施している場合、銀行カードローンよりもお得に利用できる可能性があります。

無利息期間というのは、その名の通りその期間中は利息がかからないというものです。つまり、無利息期間中に返済できれば利息をつけることなく返済が可能となるわけですね。

そして、無利息期間が30日(1か月)だった場合を考えてみましょう。6か月かけて返済する場合、6か月分の利息がかかりますよね?しかし、無利息期間があることで、支払う利息は5か月分で済むことになります。1か月分の支払利息を削減することが出来るのです。

つまり、少額の借入をしてすぐに返済できるようであれば、無利息期間がある消費者金融を選ぶのがお得になる場合が多い、ということを覚えておきましょう。

返済の可否が左右される!?返済日と返済額の決め方は要確認!

返済するにあたって、毎月いくら返済することになるかを把握しておくことは大切ですよね。その返済額の決め方をチェックしておきましょう。

毎月一定額を返済するのか、返済残高に応じて変わってくるのか、そしてその金額はいくらになるのか、自分が無理のない返済を行えるかどうかを判断しておきましょう。

そして、返済日も重要となります。一般的には給料日の直後が、返済余力がある時期となりますよね。逆に、給料日前になってしまえば返済に回せる資金が用意できなくなってしまう恐れがあります。

返済日が指定されている場合は、自身の給料日のタイミングと合うかどうかをチェックしておきましょう。返済日が自由に選択できる場合は、給料日直後を選びたいですね。

確実に返済するために、返済日をしっかり把握しておくというためにも、返済日がいつなのかはしっかり確認しておくことが大切なのです。

返済が出来なくなればブラック入りする恐れも!利用は計画的に

消費者金融の利用を考えているということは、少なくともお金に困った状態にあるという事ですよね。もちろん、借入をすれば状況が改善する、その場は凌げるということなのかもしれませんが、借入後には返済するという事は忘れてはいけません。

せっかく借入出来たのに、返済が滞ってしまう、完済が難しくなって債務整理を行ってしまうような事態になれば、ブラックになってしまう恐れもありますからね。

ブラックにならないよう、きちんと返済出来るようにするためには、次の点に注意しておきましょう。

  • 毎月の返済可能金額を把握しておく
  • 借入前の返済シミュレーションをしておく
まず、自分が毎月いくらであれば無理なく返済出来るかをしっかり認識しておきましょう。毎月の支出金額について、借入先が把握出来ているわけではありません。自分でチェックしておかなければいけないのです。

そして、無理なく捻出できる金額の範囲内で借入出来る金額を、計算してみるようにしましょう。返済可能金額から借入可能額を算出することが出来るのが、返済シミュレーションです。

借入前に返済シミュレーションをしておくことで、無理なく返済出来る金額を借入することが出来るのです。

もちろん、必要金額が借入可能金額に届かないケースもあるでしょう。そういう場合でも、事前に毎月の返済金額と返済期間をきちんと把握していれば、返済する覚悟も出来ますよね。

返済シミュレーションは、自分がきちんと返済するためにも借入前に必ず行っておきたいことなのです。

新着記事
TOPICS