> > 年金受給者だって利用できる消費者金融の使い方記事一覧

一覧を使って年金受給者でも利用可能な消費者金融を見つける記事

統計によれば、65歳以上の人口の割合は大正時代では5%に過ぎませんでした。その数字は昭和60年度でも10%に過ぎません。現在の人口の20%という数字は無視できないほど大きな数だと言えます。この小さくない20%の人たちもまた生活者であり、生活を中心とした集団を形成しているのです。

たとえ65歳を超えて年金受給者になったとしても、生活上の必要が縮小するとは限らないということでしょう。むしろ平均余命が大幅に伸びた現代、現役時代となんら変わらない生活圏を保っているという健全な年金受給者が大半であろうことは十分に想像できるのです。このような生活者の集団を経済生活から除外することは不適当です。

つまり年金受給者でもキャッシングを利用したいということは、社会的に十分に認知された見解だということになります。確かに住宅ローンのような大型のローンはもはや不要だと言えるかもしれませんが、生活資金を中心とした小額のキャッシングの需要はむしろ増大しているという意見も多々見られます。このような生活資金のためのキャッシングこそが消費者金融の中心的なサービスです。

消費者金融業者の対応方針として振り返ってみれば、生活資金に供される、無担保・無保証人での個人向け小額キャッシングが創業以来の営業であったのです。そのような経緯を踏まえて、65歳以上の人たちに向けた、あるいは年金受給者に向けたキャッシングの提供もまた、消費者金融業者に対する社会的要求であるということになります。

銀行が提供しているカードローンなどの申し込み条件を見ると、「満65歳以下」となっている場合も多いようです。これは銀行が比較的高額のカードローンを発行していることにも要因を見ることができるでしょう。それに対して消費者金融業者の対応状況の例を挙げてみましょう。有名大手のA社の場合、「取引中に満70歳」という条件が示されています。

すべての消費者金融業者が同じように満70歳まで対応しているとは言えません。この上限年齢は各社ごとに定めることができる項目だからです。各社のキャッシングに対する積極性を測る物差しだということもできるでしょう。積極的な業者であれば当然、積極的な審査を期待できるということになります。

ただし、年齢を不問にキャッシングしているような業者であれば注意が必要です。キャッシング利用は公的な契約に含まれる商行為だからです。いくつであっても、などという宣伝をしている業者はですから「ヤミ金融」であるかもしれません。正規の消費者金融業者のように宣伝している、魅力的に見えるヤミ金融は危険ですので、利用を避けるべきでしょう。

年金を受給するような年齢になったら、お金が必要になっても借りることが出来ない…そう思っていませんか? 最近ではそんなことはありません!意外と幅広くいろんなところからお金を借りることが可能になっているんです。 しかし、安易な借り入れはムダな苦労を生んでしまう可能性が高いのも確か。 今後お金を借りることになるかもしれない、今お金を借りたいと思っている…。 そんな高齢者の方に是非知っていただきたい、4つのことについて、お伝えしたいと思いま...

カードローンは年金のみで借りられるものも用意されているので、年金のみの借入は可能となっています。 ですが、今では対応していないタイプも存在するので、その点に注意して年金のみの借入を行ったほうが良いです。 中には利用してしまうとトラブルに巻き込まれるものもあるので、なるべく安全に利用できる大手でカードローン契約を結んだほうが賢明です。 今回はトラブルに巻き込まれないための安全な利用方法、健全な運営を行っている業者2社の案内を行わせていただきますので、こ...

年金生活されている場合、カードローンの業者はどこでも自由に選べるというわけではありません。 年金生活者向けカードローンを選択されないと、カードローン審査を行ってもらえないので注意しましょう。 また、ネットでは年金受給者のカードローン情報を知ることもできますが、内容によっては古いものもあるので気をつけてください。 今回は、これから先も利用可能なカードローンとして、大手銀行で販売されている年金生活者向けカードローンの案内を行っていきます。 借りられる?...

消費者金融や銀行から融資を受ける時、何が必要になると思いますか?真っ先に思い浮かぶのが、収入や定職ではないでしょうか。確かに、融資を受けるなら「収入がある」というのは重要な条件の1つです。 ただ、収入と言うのは働いて得るものと言うだけではないですよね。年金だって、一定額を得ることが出来るという意味では収入だと言えます。ただ、国から支給されているお金になりますから、それを収入として融資を受けることは出来るの?と不安に感じるかもしれません。 結論から言えば...

不景気の影響もあり、近年、経済的に困窮している高齢者が少なくありません。家族の支援が受けられればいいのですが、年金だけで暮らしている高齢者の中には生活が苦しかったり、医療費などにお金が必要な場合があります。 そんなとき頭をよぎるのがカードローンですが、はたして年金受給者でも借入は可能なのでしょうか。実は年金受給者でも利用できるカードローンはあります! 年金受給者でもカードローンを利用するためのポイント! 年金受給者でもカードローンを利用するための条件...

高齢化社会が進む日本、元気なシルバー世代がとても増えています。長い間働いて、第二の人生は年金でエンジョイという人を見ると羨ましくなってしまいますね。 しかし、人生は何があるか分かりません。時には手持ちのお金だけでは生活が厳しくなる時も。中でも、年金だけで生活している人は、やりくりに困る時も出て来るでしょう。 そんな時、現役時代と同じようにお金を借りることができるでしょうか? 年金生活者はお金を借りられないという噂もあります。いざという時に困らないため、...

年金生活をされていると、一般的な銀行や消費者金融ではお金を借りられない場合が多いです。 しかし、年金受給者はお金を借りられないわけではありません。 年金受給中でもお金を借りたいという場合は、なるべく大手銀行でカードローン相談を行うと良いです。 また、状況によってはお金を借りられないこともありますので、焦ってお金を借りようとすると返って状況が悪化しやすくなります。 今回は、お金を借りるための基礎知識をまとめて案内していますので、まだお金を借りたことが...

財政の都合か、昔に比べて『年金のみでの生活』が難しくなってきました。年々減らされ続ける支給額や上がり続ける給付開始年齢のことも考えると、老後の金策にもさまざまな選択肢が欲しいですよね? そうなると、年金暮らしでもカードローンを使いたいところですが、年金収入のみでも審査に通るのでしょうか?利用者の多くは普通に収入があるサラリーマンなので、不安な方も多いと思います。 年金収入のみでも借りられるのか、借りられるとしたらどんな点に注意すべきか…それらを詳しく見...

カードローンを借りようと思ったら年齢は重要です。申込み条件に必ず記載されていますね。どこも下限年齢は20歳以上となっていることを知っていますか?これは契約が成立する年齢が20歳以上だからですね。 それでは上限年齢はどうでしょう?実は、上限年齢は各金融機関によってバラバラに設定されているため、自分が借りようと思っている金融機関を調べる必要があるのです。 ここでは70歳以上の年金生活者ではどのカードローンを選んだら良いのか、そもそも70歳以上の年金生活でも...

カードローン契約は年金を通じて借りることもできます。 ですが、どこでも年金で借りられるようになっているわけではありませんので、適切な金融機関を通じて借りるようにしましょう。 中には危険な借入先も存在しますので、どこでもいいからという気持ちで利用するのは危険です。 今回は優良な金融機関の情報、並びに年金で借りる際に注意したい点について案内していますので、これから年金で借りる予定の人にとって役立つ情報が満載です。 年金で借りられるのは本...

12
新着記事
TOPICS